ブログ weblog

2011.04.27

casa amare

屋根裏の快適

快適さの裏にあるもの

「大和比」にヒントを得て生まれた端正な切妻、明るく開放的な屋根裏。

 その快適さの裏側にあるもの。

 

casa amare(カーサ アマーレ)の天井部には、

断熱材を組み込んで一体化した屋根パネルが施工されています。

独自に開発したのそのパネルは、いったいどういうのもでしょうか?

実際にcasa amare(カーサ アマーレ)の屋根パネルを作っている工場を見学に行ってきました。

厚さ140mmのパネルは、

断熱層、通気層、アルミ素材の輻射熱シートで構成されています。

断熱部分は次世代省エネ基準における「硬質ウレタンフォーム」を使用。

その厚さ115mm、熱抵抗基準の111mmをクリアー。

木材、断熱材、遮熱材が一体となったことで施工性も大幅にアップ。

機能とデザインを両立させた、美しい屋根裏をつくりだすことに成功しました。

 

今月は、この断熱屋根パネルの工場見学ができるバスツアーを開催いたします。

快適な住まいに欠かせない断熱を「見て」「触って」「体感」できる貴重なツアーとなります。

詳細は下記↓↓↓

■ casa amare工場見学バスツアー

http://www.maki-web.co.jp/openhouse/item_3323.html

 

 

 

一覧に戻る